米子人の底力!!アマビエのキーホルダー!!

こんにちは、みらいずのSです!


今日は米子人の底力アマビエのキーホルダーとその他の商品のオススメを紹介します!(*´꒳`*ノノ゙パチパチパチ


米子人の底力アマビエはみらいずの利用者様がクリップスタジオというアプリを使ってイラストを描いています。


そもそもアマビエとはなんなのか?(。´・ω・)?といいますと

アマビエは、1846年5月(弘化3年4月)に現在の熊本県にあたる肥後国(ひごのくに)海上に出現したとされる疫病封じの妖怪です。海中から光を輝かせるなどの現象を起こし、豊作や疫病などに関する予言をしたと伝えらます。


江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されている。肥後国(熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったといいます。


また、予言をするだけで疫病の流行を鎮めるかについては言及がない為信じる人には力が宿るかも…?というお話です。瓦版に弘化3年4月中旬(1846年)という記載があることから、その年に出版されたものであると考えられている。


姿形については添えられた挿絵がありますが、本文には「図の如く」とのみ記載されており文章による具体的な特徴の描写は無いので、その当時の写真が今のアマビエの姿になってるのではないかといわれてます。


そんなアマビエキーホルダーは米子の各所で販売もしており、好評で品切れになったこともある人気の商品です!


他にもレーザー加工で制作している商品がいくつかあり、どれも利用者様が丁寧に一つ一つ汚れを磨いて落として作っています。手に取ってくれるお客様の顔が見れないのが残念ですが、ふと手に取ってもらえたら嬉しいなぁ、と思いながら磨いてます。(写真はバースデープレートです♪)


アマビエの力を借りてコロナにも風邪にも負けない身体をつくりましょう!

みらいずのSでした!